謎の物体?

SATOUMIは国道321号に面していますが、国道側には、大きなタンクが整然と並んでいます。近所に人に、「あの円い物は何?」と聞かれることが多いのですが、正体は、水槽の水をきれいにするための”濾過槽”なのです。

並んだタンクたち。

中には珪砂という砂が入っていて、水槽から送られてきた水が、砂を通ることできれいになり、また水槽へと戻ります。

ちなみに旧海洋館では、濾過槽の多くは地下にあるため、お客さんには見えないのですが、大水槽の濾過槽はこんな感じです。

大水槽濾過槽

お客様が目にする物では無いのですが、水槽の水を、常にきれいに保ってくれる大切な存在です。 N.K

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で高知県立足摺海洋館 SATOUMI【公式】をフォローしよう!