絶賛産卵中のオヤビッチャ

今、大水槽では、たくさんのオヤビッチャたちが産卵中です。

いくつものペアが誕生し、オスがメスを誘って、2匹でくるくる回ったりしながら産卵している様子を観察できます。

オヤビッチャが群れているところをよ~く見ると、紫がかったグレー系の色をした卵がぎっしりと産みつけられているのが見えます。

卵を守るのは、主にオス。新鮮な海水をいきわたらせるように、ヒレで仰いでは、敵がくると果敢に威嚇してがんばっています。時には、夫婦で力を合わせ近づいてくる大型魚に向かっていくことも(ダイバーにも💦)。

 

産卵は、毎年この時期に多く見られ、何度か繰り返されるため、数か月間は、岩に卵が産みつけられているのを観察できますよ。オヤビッチャたちのお気に入りの擬岩があり、みんなでまとまった場所に産卵しています。

以前は、もっと小さな水槽で飼育をしていたオヤビッチャですが、その時は産卵していなかったので、繁殖するにはある程度の広さが必要なのでしょう。

 

シノノメサカタザメやロウニンアジ、クエなどが泳ぐ大水槽では、いつもわき役的存在ですが、今なら主役を張れるかも!? がんばれ、オヤビッチャ!

群れている様子は、なかなか圧巻です。

 

肝心の卵ですが、残念ながらふ化したかどうかは確認できていません(^^;。

もしかすると、他の魚に食べられたり、排水口に吸い込まれてしまっているのかも、、、。

 

海洋館に来られた際は、

今、旬のオヤビッチャをぜひ見てみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします